記事カテゴリ

藤井 翔悟

 

・日本体療協会創始者
・株式会社藤井翔悟事務所代表取締役社長
・日本疼痛リハビリテーション協会・日本運動器徒手・医科学研究学会 創設者

 

 

経歴

 

理学療法士。これまでに類を見ない超音波画像診断装置を使った徒手療法のstudyを展開し、学会発表と研究に意欲的に取り組む。医師と連携し運動器画像を根拠にfasciaを中心に徒手治療アプローチを展開。安価でありながら高品質の治療内容を多くの患者様に提供。

 

海外medical doctorに推薦をもらうほどの実力者。経営者としては登記3年目の若干29歳で年商10億を超える事業に成長させる。日本全国の医療従事者10万人に多大なる影響を与えている。経営者ながらも治療に対する探究心は尽きることなく、研究対象は中医学にまで及ぶ。

 

研究の結果、治療には治療家自身の精神と肉体の健康が必要不可欠であると答えにいたる。精神を整える座禅と肉体を整える棒体操を自ら考案し、体療として世に広める活動を行う。治療家が心と体を整える最適な場所として台湾という場所を見出し、台湾に支社を構える。現在台湾支社は次世代の医療を担う治療家を育成する場として提供している。

 

論文:徒手療法前後での筋硬度の変化に対する超音波エラストグラフィを用いた定量的評価の試み

 

英論文:Quantitative evaluation using ultrasonic elastography for the assessment of changes in muscular rigidity after manipulative therapy Quantitative evaluation by using ultrasonic elastography for the muscular rigidity change by manipulative therapy.

 

 

体質改善への思い

 

なぜ僕が体質改善して治療がうまくなりたいと思ったのかというと、それがセラピストの使命だからです。例えば、痛みだけではなく便秘、冷え、生理中に腰が痛いとか頭が痛いという悩みをセラピストとして僕はすべてを改善したいです。

 

これは僕の欲でしかないです。僕の整体院には西洋医学では結果が出ていない人がとても多いです。僕の患者さんの話をすると「先生ならなんでも治せますよね?私の腰痛をこんなに改善できたのなら私の旦那のアトピーも改善できますよね?」 とよく言われます。

 

ならば、もっと深い悩みも改善できるようにと決意し勉強しました。例えば、内臓治療、頭蓋治療、オステオパシー、カイロプラクティック、中医学、東洋医学全部勉強しました。

 

なので、あなたも西洋医学だけしか学ばないのではなくもっと広い視点で学んで、患者さんに「ありがとう」と言われればセラピストとして最高ではないでしょうか?

 

なので僕は、目の前の患者さんにもっと総合的に結果を出せるようになるため、カラダの深いところも学んでいったわけです。日本体療協会は、セラピストの体質改善をして技術を劇的あげていこうとうのがコンセプトです。頭蓋とか内臓のテクニックも大事です。

 

しかし 、それよりも大事なのはテクニックを使うセラピストの体質です。 僕はまずそこから改善していきたいと思っています。

 

前野 真一郎

 

・株式会社藤井翔悟事務所
・理学療法士

 

 

経歴

 

総合病院勤務にて急性期~維持期の患者様ヘのリハビリ経験を経たことで、人体の問題点を包括的にみていく臨床力を身につけた。

 

その後、整体院 京薫での腰痛を中心とした整体業務へ従事。その傍ら、徒手疼痛治療法のエビデンス確立に向け、研究事業にも従事している。昨年は論文執筆および学会発表をおこない、現在は海外に向けての臨床研究発表に尽力している。

 

その活動は理学療法士に留まらず、医師、理学療法士、作業療法士、鍼灸師、スポーツトレーナー等へ技術伝達をおこない、毎月100名以上の受講生からその指導力を絶賛され支持を得ている。

 

私は体療を通して、人体への医療に対する価値観が変わりました。整体師であれば徒手療法を極めるべく日々スキルを研磨している方が多いと思います。

 

しかし、徒手での刺激だけでは限界があり、その限界を突破して症状で悩む方へ体の回復を促すにはこの体療が必要であるということを実感しています。人体の深い部分から心身を変えていく体療を普及させていき、痛みや様々な症状でお悩みの方、その方へ技術を提供する医療従事者への手助けができるように尽力していきます。

 

 

得意な治療

 

筋膜リリース、重心矯正法、内臓マニュピレーション、頭蓋仙骨療法、エネルギー療法

 

 

疼痛治療にかける思い

 

私自身も過去に腰痛や事故による鞭打ちで痛みには悩まされていました。痛み止めや湿布ではその痛みから逃れることができませんでした。しかし、ある療法士の徒手療法を受けたことで、痛みからの回復、つらい日常生活からの解放ができた1人です。私自身の経験上、すべての疼痛症状が薬だけでは解決できないとも感じています。そもそも体自体は自分で回復する力を持っています。

 

その力を最大限に引き出すことが徒手疼痛治療の役目であり、その可能性を最大限に引き出すために自身の技術を高めてきました。私が関わらせて頂く疼痛でお悩みの患者様やセラピストには全力で向き合っていきます。

 

 

どんな疾患の方をよくみるか

 

脳卒中後遺症・慢性腰痛・坐骨神経痛・変形性膝関節症・変形性股関節症・肩関節周囲炎・頚椎症・etc..

 

 

体質改善への思い

 

私は治療の本質にあるものが体質改善だと感じております。徒手による技術で人体の表面的は問題を取り去れても、体の内部にある問題が解決できないと結局は症状がまた出てきてしまう。このように感じています。

 

それはセラピスト自身にも同じ事が言え、技術を扱うセラピストの体が整っていないと、技術による結果が出せないということにも気づきました。

 

体を内面から変えていく体療と出会えたことで、その方のより深い問題を変えていき、徒手による技術の結果も明らかに向上しました。結果として、患者様への施術が楽しくなり、その方の問題を深くから変えていくことで患者様からの信頼を得られる事にも繋がっています。

 

より多くの方にこの事実を知ってもらうべく普及していくことが務めだとも感じています。

 

松田 圭太

 

・株式会社藤井翔悟事務所
・日本疼痛リハビリテーション協会 事業部長
・藤井翔悟コンサルティング 事業部長
・理学療法士

 

 

経歴

 

開業初月にレンタルルームで89万円、開業4カ月目には201万円の売り上げを叩きだすほどの実力者。また、スタッフを入れ、5日で312万円の実績を叩き出すほどの実力者。行った施術で変化を出した方はこれでに5千人以上をゆうに超える。

 

施術スキルもさることながら、その患者さんごとに合った評価・治療の進め方に定評があり、30分1万2千円という高単価にも関わらず予約は1ヶ月先まで取れない状態である。

 

年商10億企業である藤井翔悟事務所の役員として、多種多彩な方面での活躍がある。毎月1000人以上に技術指導を行う日本疼痛リハビリテーション協会では、全国5支部の事業部長を務め年間70回を超えるセミナーにて講師を務める。

 

また、同業種の理学療法士や整体師などに向けての経営コンサルティングでは経験20年目以上の経営者からも「教えてください」という人が後を絶たない。

 

 

得意な治療

 

痛み治療、もどり治療、整形疾患、呼吸器疾患、骨関節系治療、筋・筋膜系治療

 

 

疼痛治療にかける思い

 

当たり前のように痛みを治す。それが本来あるべき、セラピストの形だと思います。ですが、実際そうではない現実があります。

 

治療しても、治せない、原因がわからない、そんな痛みが取れなくて悩んでいるのであれば、しっかり治せるように勉強をするべきだと思います。治せないのに、「先生」と呼ばれ、鼻高々になっているようなセラピストが多すぎる、今現在、そんな中だからこそ、本物の治療ができるセラピストを一人でも多く、世に排出していきたい。それが俺たちのミッションであり、最終的に患者さんを救うことになると信じている。

 

 

どんな疾患の方をよくみるか

 

腰痛、関節系疾患、筋筋膜系疾患、外傷、慢性疼痛

 

 

体質改善への思い

 

治療は「相手×自分」。自分たちがどれだけ治したいと思っても、患者さんが何もしてくれなかったら、何も変わらない。逆も然り、相手がどれだけ変わりたくても、セラピストが変わらなければ、治りません。

 

セラピストは相手を見ることは多いですが、自分を見る、自分と対話するということが非常に少ないです。自分が変わることでどれだけ、自分の治療が変わるのか。

 

それを私は、身をもって実感しました。これを世に広め、一人でも多くのセラピストに還元したい。一人でも多くの患者さんに治ってほしい。

 

山野井 孝志

 

・株式会社藤井翔悟事務所
・日本体療協会 事業部長
・柔道整復師

 

 

経歴

 

整骨院勤務にて、骨折・脱臼・捻挫等の患者様ヘの施術経験を経たことで、患者さんを痛みから解放する技術に磨きをかけ、腰痛を中心とした整体業務へ従事。ただ単に痛みから解放するだけではなく、患者さん自身が、自らの体を治せるようになるべく施術、指導をしている傍ら、疼痛技術、体療、食事療法を普及させるべく、日々情報発信に取り組む。

 

その活動は柔道整復師に留まらず、理学療法士、鍼灸師、スポーツトレーナーへ技術伝達をおこない、受講生からその指導力を絶賛され支持を得ている。

 

僕は台湾で体療に出会い、人生が変わった。患者さんの抱える悩みを解決するためには、テクニックだけを極めても意味がないことがわかった。

 

この事実をもっと世に広め、より多くの痛みで悩む患者さんを救うために、体療と体質改善、気門療法で疼痛治療の常識に革命を起こし、世界を変えたい。

 

 

得意な治療

 

気門療法・カルマ治療・リーディング・エネルギー療法・経絡治療・骨格調整・内臓調整・頭蓋調整・筋膜リリース

 

 

疼痛治療にかける思い

 

治すために病院に行ったにもかかわらず、痛みの原因について詳細な説明もされず、意味のない治療をされ本当であれば治るはずの痛みを慢性化されてしまった人たちを根本から治療しより良い生活を送っていただくことが僕の想いです。

 

体に隠された本当の痛みの原因を見るけるためにあらゆる手段を使って探し出し解決することが僕の願いです。そのために自分ができることは何でもしようと思っています。

 

そして原因が見つかり、悩みが解決した時の患者さんの笑顔と感謝の言葉を聞いた時が僕の一番の喜びです。

 

 

どんな疾患の方をよくみるか

 

難病・片麻痺・慢性腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛・分離症・変形性膝関節症・変形性股関節症・肩関節周囲炎・頚椎症・etc..

 

 

体質改善への思い

 

僕は台湾に行って、体療に出会って人生が変わりました。患者さんのために何をするべきなのか?がようやくわかりました。今まではテクニックさえ極めれば、治療は上手くなると思っていたのが、そうではないことがわかりました。

 

体療を取り入れることで、感覚がよくなり、より正確に痛みの原因や悩みの根本を見つけ出し、施術出るようになりました。そのことで患者さんにも、正確に悩みについての説明ができるようになり、より信頼されるようになりました。

 

そして患者さんからもらい、自分の体がしんどくなることがなくなりました。僕はこの協会のテクニックや体療を広め、セラピストの体質を変えることでより多くの患者さんを救えるという事実を広め、治療院業界をもっと活性化したいと思っています。

 

長村 充

 

・日本疼痛リハビリテーション協会 チーフインストラクター
・理学療法士

 

 

経歴

 

5年間の病院勤務で述べ1万人の患者さんの治療に携わり独立。独立して3年が経つも、いまだ治療院は予約で溢れかえり、1ヶ月先まで予約が取れない治療院として地域医療に貢献している。

 

その傍ら日本疼痛リハビリテーション協会の東海支部長として、東海地区を始めとした痛み治療で悩むセラピストに対して、講師としてその悩みを解決するために従事している。

 

僕はこの体療に出会って、治療家としての治療技術はもちろん、家族とのあり方、今世での自分の使命。価値観全てが変わりました。それまでの自分は治療家として、自費治療である程度結果を出し、患者さんもそれなりについてく
れてそれなりに満足していました。でも、それだけでは僕の魂は満足しませんでした、、、

 

それはなぜか?もっと自分の技術を高めたい。極限まで高めて、病院が諦めてサジを投げた難病の患者さんを救って喜んでもらいたい。その思いが強く出ました。

 

今までたくさんのセミナーでテクニックだけ求めて行きましたが、現実は違いました。自分の体が変わることでこれだけ治療の結果に差が出て、さらにアトピーや不妊症など自分が今まで手が出せなかった方へも関われるようになりました。

 

この事実をもっとたくさんの方に知ってもらって、世の中の難病で悩んでいる人を本当の意味で喜ばせてあげたいと思っています。

 

 

得意な治療

 

筋膜リリース・関節調整・内臓調整・経絡調整・頭蓋調整・リーディング・エネルギー療法

 

 

疼痛治療にかける思い

 

病院に行っても、レントゲンだけとって骨に異常はないですね、痛み止めで様子を見ましょう。かれこれ1ヶ月以上治らない、、、お医者さんに行ってもいつも答えは同じ。こうなったら患者さんはどこに行ったらいいかわからない。わたしはこんな難民の患者さんを救いたい。

 

今まで述べ1万人以上の患者さんを見て来ましたが、1人1人の患者さんに対して、きっちり向き合い、自分のできる最大限の治療で答えていきたい。そしてもっと世の中の難民を救っていきたい。

 

 

どんな疾患の方をよくみるか

 

腰痛・脊柱管狭窄症・ヘルニア・坐骨神経痛・肩関節周囲炎・頸椎症・変形性膝関節症・アトピー・不妊症など、、、

 

 

体質改善への思い

 

体質改善を取り組み始めて、自分の感覚が高められ、今まで感じ取れなかった患者さんの過去のトラウマや、体についているもの、治療の根本原因、治療の組み立て方、リーディングができるようになりました。

 

結果的に一瞬で痛みの原因を見つけ、さらに根深い部分もわかるようになりました。さらに、ただの痛みを治す治療家だけでなく、不妊やアトピーなどへもどうしたら改善できるのかもわかるようになり、難病で本当に悩んでいる方を救って本当の意味で喜んでもらいたいです。

 

体療を知るまでは、今まで寝てもゆっくり休んでも、抜け切らない体のだるさ、患者さんを施術すると体がしんどくなる、、、これは自分の体が侵されていることにすら知らず、僕が経験した事実です。

 

体療を実践していくことで、患者さんを治療してもしんどくならない、わからなかった体の重だるさも嘘のように消え、この状態だったら現役で治療家として頑張り続けられると思えるようになりました。

 

この事実をもっとたくさんの方に知ってもらい、施術者側も自分の体を守る術を身につけて100%の自分のパフォーマンスで患者さんに治療できるようになれるようになって、みなさんにも周りがあっと驚くような治療結果を出して臨床を楽しくしてもらいたいです。

 

安部 元隆

 

・株式会社藤井翔悟事務所
・藤井翔悟コンサルティング事業 副部長
・キャリアサクセス株式会社 事業部長
・理学療法士

 

 

経歴

 

理学療法士として、10年間の勤務を経て、大分に自費の整体院であるGENRYU-Back Pain Clinic-を開院。その後、一人治療院としては異例の16日で411万円の実績を誇り、テレビ出演や地域のボランティア活動など様々な分野で整体師として活躍。

 

それ以外にも、講師として年間で50回以上の実技指導や経営セミナーの講演を務め、講師としても高く評価され、高い経営スキルを持つ治療家者を全国に輩出している。また藤井翔悟事務所では、キャリアサクセス株式会社の事業部長として、厚生労働省認定事業として店舗拡大などを図る経営者へ優秀な人材を紹介し、人事サポートプログラムを提供している。

 

初めて体療と出会ったのは2018年2月。それまでテクニックのみを追い続けてきたの患者さんが治らなかった原因が判明。その後、本気で自己の体質改善に取り組む。どこに行っても治らなかった自分のアトピーを完治させることと、腰痛だけじゃなく医者が諦めた難治性疾患の患者をも救うこと。

 

自分のリーディングの能力を高めることで、より深くより広く患者様の問題点を捉える。結果として、一人でも多くの疼痛治療で悩んでいる方の痛みを改善して差し上げ、患者様お一人お一人が楽しんで一日を過ごすせるようなることが、私の最大の喜びです。

 

 

得意な治療

 

気門療法・エネルギー療法・浄化療法・自己覚醒療法・パフォーマンスアップ・姿勢改善・頭蓋内臓調整・中心軸調整療法

 

 

疼痛治療にかける思い

 

日本人の多くが慢性疼痛に関する間違った認識を変革し、実際に治る治療を開発すべく全ての時間をそこに費やしている。

 

現に整形外科に行っても全く痛みが取れない方や藁をもすがる思いで来られた方の治療に携わっているが、多くの方が正しい認識を持たれていない。その結果、何が正しいのか??がわからず自分の身体が傷んでいっている方が多い。

 

そのような方を救い、まずは日本全国で痛みが悩む患者さんを少しでも減らしたい。そして皆が毎日を楽しみながら、自分自身に合った生活を送って頂きたい。これを達成すべく、日々新しい視点を持ちながら全力投球する。

 

 

どんな疾患の方をよくみるか

 

腰痛・ヘルニア・分離症・すべり症・坐骨神経痛・腰部脊柱管狭窄症

 

 

体質改善への思い

 

まずは自分の身体の詰まりを改善し、全身の細胞を活性化させる。そして、本来人間がもっている「自己治癒能力(Natural Recovery)」を取り戻し、治療だけじゃなく患者様にも提供していきたい。

 

治療家の方には体質改善の効果効能を知って頂き、体質改善を図ることで自分の身体を癒やすだけではなく、感覚が研ぎ澄まされ治療効果が飛躍的に高くなる事実を共有したい。

 

治療家・患者様相互に体質改善が出来れば、現代病であるガン・心臓疾患・脳血管疾患・高血圧・糖尿病など内科疾患の予防・改善が出来る。皆が健康で楽しく価値ある人生を送るための一助となるために日々行動したい。

 

宮城 智哉

 

・株式会社藤井翔悟事務所
・日本運動器徒手医科学研究学会 事業部長
・理学療法士

 

 

経歴

 

独立開業を行い日々、重症の患者さんを診ていく中で、治療テクニックの限界と治療をする度に自分の身体が悪くなっていくのを感じていた時に体療と出会いました。

 

日々、体療を実践していく中で、同じテクニックを使っていても以前より、大きな変化を得られるようになったり、治療後の疲労感や不定愁訴が軽減していくのを身を持って実感し、これを世に広めるべきだと確信しました。

 

 

得意な治療

 

気門療法・カルマ治療・リーディング・エネルギー療法・経絡治療・骨格調整・内臓調整・頭蓋調整・筋膜リリース

 

 

疼痛治療にかける思い

 

自分自身が過去に病気をした経験から人間の身体は西洋医学だけでは良くならない事を体感しました。現在の医療の制度を見ると、間違った治療が蔓延しその結果、痛みや不調で苦しんでいる方が多くいらっしゃいます。そんな間違った医療の制度を正し、患者さん自身ももっと自分の身体に関心を持ち健康な生活が送れる様になる事が僕の想いです。

 

 

どんな疾患の方をよくみるか

 

難病・精神疾患・慢性腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛・変形性膝関節症・変形性股関節症・肩関節周囲炎・頚椎症・肩こり・頭痛 etc..

 

 

体質改善への思い

 

セミナーなどで受講生の方とお会いすると、テクニックばかりに目をとられ本当に大事な部分を見逃しているように感じます。また自分の身体の不調に気づかずに、治療を行う度に身体を蝕まれている方がほとんどです。

 

そういった方に体療を知って頂き、まず自分の身体を整え肉体的にも精神的にも安定し、より多くの患者さんを救えるセラピストになって頂きたいと考えています。

 

 

PAGE TOP